RYT200®

全米ヨガアライアンス認定資格
RYT®︎200養成講座

OMYOGA RYT200ヨガ講座-日本初医師監修テキスト
世界で最も広く知られるヨガ資格である「RYT®︎200」を
ルマサヤで取得していただくことが可能になります。

カリキュラムについて

2022年 開校予定!

日曜祝祭日開校コース・平日開校コース
2コースの開校を予定しています。

また、事前に説明会も実施予定です。
詳細は決まり次第ご案内させていただきます。

RYT200®︎(全米ヨガアライアンス認定200時間)とは

国家資格ではありませんが、現時点では、海外でも通用する”世界で最も知名度の高い”米国の非営利団体が運営する協会『全米ヨガアライアンス』が発行するヨガインストラクター資格です。
ヨガ業界では知らない人がいないほど最も知名度の高いヨガ資格で、取得している事でビジネス上の信頼度も上がります。

アライアンスから認められた認定校(RYS200)にて200時間のプログラムを修了することで資格取得を目指せます。
プログラム修了後、すぐに登録することができます。

全米ヨガアライアンス認定の費用として、申請料金:$50 年間登録料:$65 ※全プログラム料金は一律となります。
1年に1回の更新 更新料金:$50 が必要となります。(料金単位:アメリカドル)

RYT200規定時間

・アーサナのテクニック、トレーニング、実践:100H
・クラス指導のための教育方法論:25H
・解剖学と生理学:20H
・ヨガの哲学/倫理/ライフスタイル:30H
・練習:10H
・上記課題に割り当て:15H
こんな方におすすめ!!
子育てをしながら仕事をしたい方
ヨガを生活にとりいれたい方
自分のためにヨガを学びたい方
本格的なヨガを学びたい方
仕事をするために、スキルとビジネス面で即戦力がほしい方
自分や家族の身体のメンテナンスをしたい方

カリキュラムについて

当スクールでは、以下の内容を総合的に学ぶことが可能です。
RYT200カリキュラムは、ここでしか学べない5つの繋がりあるヨガを学びます。

学習内容はOMYOGA RYT200ヨガ講座-日本初医師監修テキストとカリキュラムに沿って行います。
OMYOGA公式ホームページは、コチラ

カリキュラム全21回の内容

◉アーサナ体位・ヨガスタイル

解剖学をもとに、中立という姿勢を軸に学びます。
様々なヨガスタイルの中でも科学的に根拠がもたれた内容で、初心者はもちろんヨガ経験が豊富な受講生や医療従事者からも定評のスタイルです。

◉学べる内容

・アーサナ
・プラーナヤーマ
・アジャストメント
・解剖学(中立理論)
・瞑想(有の瞑想・無の瞑想)
・呼吸、生理学
・ヨガ哲学と歴史
・クラスと構成(シークエンス)
・ティーチングテクニック
・ヨガビジネス講座

安心の適正価格 374,000円

RYT200の受講費用は各スクールが自由に設定できます。各スクールの費用を比較すると、400,000~600,000円とまちまちです。
Rumah Sayaでは受講価格を適正価格にしたいと考え、374,000円に設定しました。

全米ヨガアライアンスの本国・アメリカではRYT200の受講料を400,000円前後に設定するスクールが多いです。Rumah Sayaでは本国アメリカと同等の受講料に設定することが適正価格と考えました。高すぎず、安すぎず、本気でRYT200を受講したい皆様のために取り組みます。

OMYOGAライセンス校 認定講師

OMYOGAライセンス校の認定講師とは、OMYOGAスクールのテキストとカリキュラムでRYT®︎200を指導する事を認められた講師のことです。1000時間以上のヨガクラス指導経験と700時間以上の実習と自宅課題、ヘッドティーチャーによる直接指導とテストをクリアしたものだけが認定されます。

講師は、解剖学・生理学・哲学・思想などの知識を共通に保持、また講師専用のトレーニングでスキルアップし続けています。
講師自身のヨガへの探究心、共生できるコミュニケーション力、そしてみなさんをよりよいインストラクターへの道へ導く指導力の高さを持ち合わせています。

初めてヨガに”医学的見地”を取り入れました

あらゆる分野で働く人のためのヨガ
OMYOGAは初めてヨガに”医学的見地”を取り入れました。
・予防医療(ボディーワーカー)
・病院内でのヨガセラピー(医療関係に携わる人)
・ヨガスタジオ・ジム(インストラクター・パーソナルトレーナー)
OMYOGA RYT200ヨガ講座-日本初医師監修テキストで納得してインストラクターを目指せます。